ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

高商の概要
ユーザー登録

関連リンク

高松商業高等学校

校長先生facebook

高松商業高等学校紫雲会東京支部

高商クラブ

高商校歌

校歌をダウンロードされたい方は、バナーを右クリック「対象をファイルに保存」でダウンロードできます。

リンク用バナー

高松商業高等学校紫雲会

当サイトへリンクしてくださる方はお使いください

お問い合わせ

紫雲会事務局
info@siunkai.org



ボランティア募集

ご希望の方は上記メールアドレスよりお問い合わせください。


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-11-16 13:14:57 (40 ヒット)

われわれ高松商の応援団には、微妙な結果になった第48回明治神宮野球大会は14日、高校の部の決勝が行われ、明徳義塾(四国)が創成館(九州)を4-0で下し、1981年以来36年ぶり2度目の優勝を果たした。四国勢の優勝は、2015年の高松商以来2年ぶり。四国地区は来春の選抜大会の「神宮大会枠」を獲得し、同地区の枠は4となった。


四国新聞をそのまま転記していますが、高知春野球場での四国大会、ベスト4の高松商は、準決勝戦で英明に12-2の大敗、選抜大会への出場はなくなったと誰もが思った。ところが先の記事のように、明徳義塾が優勝したもので、四国枠が3から4になった。高松商出場の可能性も、ほんの僅かだが復活した訳だが。


これをどのようにとるか、関係者の一人としては頭の痛い問題であります。少なくても正月気分は、やきもきしながら迎えることになるだろう。今年の準決勝戦を見ていたら、とても甲子園で勝つとは思えないが、そこは高校生のすること、やってみなければ分からない。としても、前回の選抜大会は四国1位だったもので、まず間違いのない立場で準備が進んだ。悩ましい毎日が、これから続きます。


来年の春の選抜大会準備は、1月末の高野連発表まで、学校側も紫雲会も高商倶楽部も、何も出来ない状態。イライラが募る今の状況について、ホームページ委員会のコメントとして発表しています。あくまでも学校側のコメントではないことを、付け加えておきます。とは言いながら万一に備えて、年末年始の出費はお控え下さいませ。松野誠寛(紫雲会副会長HP担当)

 


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-11-06 10:11:14 (96 ヒット)


高校野球香川県大会で高松商は、残念ながら準決勝戦で負けて、それでも3位通過で四国大会へ駒を進めています。四国四県から、12校が集い、本日がベスト4の準決勝戦の2試合。10時から春野球場第1試合、高知明徳義塾と愛媛松山聖陵戦で、明徳義塾が勝ち進みました。



私は10月1日の左目手術で、秋の大会の応援は今日が初めてです。コトデンバスに予約を入れて、瓦町から応援バスに乗車しました。試合会場高知春野球場まで、3時間弱の道中です。いつものやかましい白井美昭先輩を中心に、バスの中はかしましい。雰囲気はもう、甲子園大会の招待状が届いているかの如く。



勝っても負けても、「ひろめ市場」へ寄ると言うから、勝つと盛り上がるだろう。今日の試合に勝てば、春の選抜出場は確実。今日の相手は、香川県1位の英明。県大会では後塵を拝しましたが、新聞の予想では五分五分、それはそうですよね、高松商有利とは書けませんよね。



ところが第2試合、高松商有利のはずが結果は12-2の六回コールド負け。今日は、試合になっていません。結果論ですが、英明の黒河投手は高松商相手に確か5安打2失点の出来、バッティングは6回で13安打とよく打ちます。まったくの完敗でした。恥ずかしながら準決勝戦で、コールドゲームは聞いたことがありません。



中筋政人校長は、来年3月末に退職。私は密かに卒業生校長の運に掛けて今日やってきましたが、高校生のやること、負けは負けです。恥ずかしい記録を記憶の中に留めて、捲土重来を期待しています。しかし裏を返せば、この戦力で良くここまできたものです。長尾健司監督、選手の皆さんそして関係者の皆さんお疲れ様でした。



 


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-10-13 12:11:45 (81 ヒット)



※四国新聞より抜粋掲載させて頂きました。


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-09-19 15:35:17 (91 ヒット)

台風18号の影響で、秋の高校野球県大会が順延となりました。変更になった試合予定を掲載しました。初戦は9月23日(土)11:30からレグザムスタジアムで、「志度」が相手です。また23日は紫雲会総会が13時受け付け開始、パールガーデンホテルで開催予定。総会会場に、吉報が届くと良いですね。



投稿者 : admin 投稿日時: 2017-09-11 09:49:27 (96 ヒット)

9月9日(土)、今年の高商祭が開催されました。私も学校から案内を頂き、午前中の短時間ではありましたが、雰囲気を味わいに行ってきました。昨日は校内在校生だけの文化祭だそうで、本日は卒業生父兄祖父母ら、大勢が来ていました。構内に駐車場がないもので、いつもの文化祭のように電車で行きました。お陰で、今日の歩行ノルマ達成であります。


今年の文化祭テーマは、「Tears,Courage,Smile〜青春のすべて〜」です。「涙,勇気,微笑」と日本語では訳すのでしょうか。高松商を、中筋政人校長は「部活の高商」「就職も進学も出来る高商」のフレーズをよく口にしたり、活字に用いたりしています。当然それまでにも言われていたことですが、高商卒業生の中筋政人校長は、特によく使います。


そうそう今月5日のホームページ委員会で、中筋政人校長が「Facebook」に部活の活躍をたびたび掲載していると聞いて、リンクを張ったらどうだろうかという意見が出ました。残念ながら私はこのところしばらく、もう数年になりますか、Facebook(Facebookは、Facebook, Inc.が運営するインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービスである。「FB」と略されることもある)を使っていません。


早速中筋政人校長に懇願して、リンクを張る承認を頂きました。不都合が生じたら、外せば良いことです。高商紫雲会ホームページの左下に、リンクの入口が用意されています。記載は、「校長先生Facebook」となっています。


さて文化祭ですが、生徒がいろいろ工夫をして外貨(学生さんにとっては特別なもの)を稼いでいます。ジュースやポップコーンは、余っても処分しやすいでしょうが、「カツ丼」や「チキン南蛮丼」、「オムライス」などは利幅も大きいが、リスクもある。まさに商業活動の、模擬店ではあるのですが。


飲食ブースに今年は、PTAの遠赤外線の焼き芋器で焼いた「ふっくら美味しい焼き芋」が初めて登場。これまでになかった企画で、昼前に早々と店じまいをしていました。リーダーの松熊秀樹さんは、「前日から塩ふりをして、甘みを引き出しています」と、ひと手間掛けたことを強調していました。遠赤外線は松熊秀樹さんところの、岩盤浴に使う石でした。


各教室では、作品展もありました。書道パフォーマンスや吹奏楽演奏、はたまた「歌の祭典」もありましたが、残念ながら人気の「歌の祭典」は見ることが出来ませんでした。これで3年生は部活も終わり、進学就職の自分活動へ没入することになります。頑張れ青春(゜Д゜)





投稿者 : admin 投稿日時: 2017-09-08 16:35:07 (52 ヒット)

 特別名勝栗林公園で、9月16日(土)〜17日(日)に行われる高校生大茶会の案内です。

高松商は二日目の17日(日)、園内の「日暮亭」で、午前9時から午後3時まで武蔵小路千家官休庵指導のお手前を学生が披露します。

高校生大茶会の名の通り、県内6校の高校生が主役の茶会です。服装を気にせず、作法も心配のない茶会です。気軽にお越し下さい。

 


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-09-05 18:39:52 (168 ヒット)

秋季四国地区高校野球県大会の組み合わせ抽選会が1日、丸亀市金倉町の四国Cスタ丸亀であり、出場37校の対戦カードが決まった。これまでと同じ、前大会のベスト8校がシードとして枠に入り、順番に主将がクジを引いてそれぞれ対戦相手が決まった。


夏の甲子園大会で8強入りした三本松を中心とした試合展開が予想されるが、県大会3季連続の優勝が懸かる三本松は初戦の2回戦で香川高専高松とぶつかる。甲子園大会やこれから行われる国体等、日下監督は否定するが、新チームの立ち上げはやはり他校と比べて遅れているように思う。


三本松以外のシード勢では、夏の県大会準優勝の丸亀城西が寒川、同4強の大手前高松は高松南、丸亀は藤井とそれぞれ初戦で対戦。大会の上位3校が来春の選抜大会の重要な選考資料となる四国大会(10月28日から延べ4日間・高知)に出場する。


われわれ高松商ファンとしては、3位で良いから高知へ出向き、何としても選抜の枠を勝ち取ってもらいたい。長尾健司監督や学校側等に、毎回プレッシャーかけて申し訳ないと思うのですが、投手陣が弱いと言われても、それでも高松商ファンは球場に足を運び、熱心に応援するのです。


大会は16日に開幕し、レクザムスタジアム(高松市生島町)と四国Cスタ丸亀を使用して準々決勝までを消化。準決勝から会場をレクザムに一本化する。日程が順調に進めば10月1日に準決勝、同7日に午前10時から3位決定戦、午後0時半から決勝を行う。入場料は一般500円、中高生200円(小学生以下無料)


高松商は、9月17日(日)の初戦に志度と対戦して、9月24日(日)と9月30日(土)と、翌日10月1日(日)と10月7日(土)に試合が組まれています。勿論勝って高知入りする予定で、私もスケジュールを入れております。観戦できましたら、また観戦記を掲載します。



※四国新聞サイトより

 詳しくは>>> 四国新聞サイトにて(クリックして頂くと、四国新聞サイトがご覧いただけます)

 


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-08-18 11:30:56 (87 ヒット)

全国高校総合体育大会(インターハイ)のセーリングで16日、和歌山県で男女のFJ級と420級の計4種目の最終レースがあり、女子420級で高松商が優勝した。同種目は2015年から実施され、県勢の金メダル獲得は初めての快挙。


高松商は、圧倒的な成績で高校日本一に輝いた。高松商は長岡叶子と森七海の2人で全7レースに臨み、うち6レースで1位を獲得した。大会初日から3日目まで、6レースで連続1位の成績。しかし16日最終戦第7レースは、6位に終わった。最も悪い成績は結果に反映されないため、実質的な「完全優勝」と報じられている。


とはいえ、長岡叶子と森七海の2人ともに全国大会は初優勝。申し分のない内容で最高の結果を手にし、秋には国体に挑むことになる。「次は全レースで1位を獲りたい」。2人は、ますます意気盛ん。


また女子FJ級では、目指した頂点には届かなかったが、高松商は3位。村川と米崎で全7レースに挑戦したが、惜しくも頂点は逸した。それでも「メダルを取れたことは良かった」と答えていた。


(四国新聞から)

 


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-07-27 10:41:10 (174 ヒット)

今月9日から始まった第99回全国高校野球選手権香川大会は、23日決勝戦を迎え、シード1位の三本松がシード3位の丸亀城西を7-1で破り、24年ぶり3度目の甲子園切符を手にした。就任から2度目の大会で、優勝に導いた日下公太監督(33)は、チーム初めての1勝を目論んでいる。残念ながら三本松の甲子園成績は、0勝3敗。


19日の高松商に6-7と競り勝った三本松だが、投打に安定していると感心する。確かに総合力は県下1位だ。特に県下随一と評されているエース佐藤圭悟君が、決勝戦でも7被安打5奪三振で4回の1失点だけ。140卍兇梁球を武器に、腕をよく振り変化球も鋭い。


前日の準決勝戦でも大手前高松に対して、被安打12で5点を取られたものの、6-5で接戦をものにしている。この試合大手前高松の攻撃も、単打に徹底し、エース佐藤圭悟君をよく研究していた。佐藤圭悟君の特徴として、豪腕タイプだが奪三振は決勝戦で5(四死球1)、準優勝戦では奪三振2(四死球2)。


この打たせて獲る投球が、次の三本松の攻撃につながっていると私は思う。打撃も絶好調だ。打撃陣も佐藤君が豪腕だが、どうしたことか完封が対善通寺一戦の5回コールド12-0だけ。打たせて獲る投球に、打線も奮起している。コールド勝ちもあるが、5試合平均7.2と得点力も遜色ない。


こうして平成29年の夏の香川県大会を振り返って見ると、どこが甲子園へ行っても不思議はないと戦前いわれつつも、ジード1位の三本松の投打に渡る活躍が抜きんでていたように思います。私も高松商が負けてからレグザムスタジアムへは行っていませんが、ジンクスとして高松商に勝ったチームは活躍をします。


今年の三本松のチーム力は、甲子園1勝につながると確信します。くじ運もありますが、アクシデントがない限り、2つ3つは勝つように思います。一方母校高松商は、新チームでやはり課題は「投手」。香川卓摩投手が2年生になる新チームで、長尾健司監督は選手をどう生かすか。野球部員も増えているなか、心配と期待が交錯するOBの1人です。

 


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-07-20 17:20:29 (309 ヒット)

7月19日(レクザムスタジアム)

▽準々決勝
三本松7―6高松商

高松商|000|010|230| = 6
三本松|300|000|40x| = 7

四国新聞の記事はこちらです。


(1) 2 3 4 ... 13 »
サイト内検索
紫雲会これからの予定
PR

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

紫雲会