ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

高商の概要
ユーザー登録

関連リンク

高松商業高等学校

校長先生facebook

高松商業高等学校紫雲会東京支部

高商クラブ

高商校歌

校歌をダウンロードされたい方は、バナーを右クリック「対象をファイルに保存」でダウンロードできます。

リンク用バナー

高松商業高等学校紫雲会

当サイトへリンクしてくださる方はお使いください

お問い合わせ

紫雲会事務局
info@siunkai.org



ボランティア募集

ご希望の方は上記メールアドレスよりお問い合わせください。


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-10-25 12:15:05 (93 ヒット)

※クリックすると大きい記事でご覧頂けます。




 ※クリックすると大きい記事でご覧頂けます。



投稿者 : admin 投稿日時: 2017-10-25 11:13:57 (274 ヒット)


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-10-05 11:45:07 (151 ヒット)

 昭和43年卒業の皆さんは来春卒業50周年を迎えます! 
そこで、記念の同窓会を開くことにしました。

みんな同窓会に来まいよ!

  • とき 平成30年1月3日(水)
  • 受付 午後1時
  • 開会 午後2時
  • ところ 
    ホテルパールガーデン2階 (高松市福岡町2−2−1)
    TEL 087−821−8500
  • 会費 10,000円

詳しいご案内はココをクリック!

幹事団

  • 代表幹事:岡 義博(7組)
  • 副代表幹事:大森玄造(5組)、川北智恵美(9組)
  • 総務:和田憲明(6組)
  • 会計:橋詰美知子(6組)
 

クラス幹事

  • 1組 新谷清二
  • 2組 池田義幸
  • 3組 新井佳馬、小野充
  • 4組 谷本一正
  • 5組 森本好隆、富永典郎、大森玄造
  • 6組 溝口孝、白井美昭、橋詰美知子
  • 7組 尾原正規、久保一男、吉本和美
  • 8組 池内国義、大野勝行、中野幸則
  • 9組 川北智恵美
  • 10組 植松勝子
  • 11組 藍谷房子

 


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-09-26 09:58:22 (156 ヒット)

 9月23日(土祝)14時から、ホテルパールガーデン(高松市福岡町)2階「讃岐」で、同窓234名を集めて平成29年度の総会が開催されました。高松商業高等学校は、商業科(117年)・英語実務科(50年)・情報数理科(8年)に982名の生徒を擁していますが、男子生徒は4割、女子生徒が6割の比率になっています。

 
中筋政人校長(52年卒)は、「就職も進学も出来る高商」機会ある毎にアピールしていますが、体育会系文化会系の部活も活発で、全国大会での活躍は女子ヨット、女子ハンドボール、女子バレー、ソフトボール、サッカー、バスケットボール、卓球、野球から剣道柔道など、枚挙にいとまがないほどの活躍が続いています。
 
また文化部も書道パフォーマンス、マーチングバンド、珠算電卓、ワープロ、放送とこちらも多彩です。全国大会出場者は、154名に達しています。実に全校生徒の15%が、全国レベルの舞台で活躍しています。
 
昨年紫雲会新会長に就任された岡義博会長(43年卒)は、挨拶の中で、「高松商業は1900年(明治33年)に設立されて、東京オリンピック・パラリンピック開催の2020年に創立120年を迎え、記念行事を予定する」と高らかに宣言されていました。
 
来賓は東京支部から北條勳支部長(39年)ら3名、大阪支部から北畠昭二支部長(40年卒)はじめ4名の臨席を頂戴しました。今年は平成5年卒業生が幹事団として、お世話を頂きました。来年は平成6年卒業生です。大いに期待をしますが、昨年の幹事団平成4年卒業生が一名もいなかったことが大変気になりました。
 
総会の予定案件は、賛成多数で原案通り可決承認されました。新たな理事が9名、評議員が8名加わり、紫雲会本部にも東京支部、大阪支部の影響を受けて「女子会」が発足したことが南敬子副会長から報告されました。
 
最後になりましたが、秋期高校野球香川県大会の高松商初戦が行われて、高松商2-0志度で二回戦進出です。
 


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-09-26 09:35:16 (156 ヒット)

 


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-08-26 14:51:45 (289 ヒット)

第1回女子会 開催終了いたしました。

初めての試みにも関わらず、総勢23名の皆様にご参加頂きました!!
有難うございました。

当日のお写真を会員専用ページにアップさせて頂いております。
紫雲会サイトへのご登録がまだの方は是非この機会にご登録頂きまして、是時、お写真をご覧くださいね♪

末尾になりますが、
お世話頂きました副会長南様、副会長平田様、有難うございました。

 

日時

平成29年8月26日(土)

受付 

11:00〜

食事会

11:30〜

場所

Wabi-sabi ロッソビアンコ高松店
〒761-0301高松市林町2217-1サンメッセ香川内 
TEL.087-869-3115

担当

南 敬子(女子会担当副会長)

食事会

時間 11:30〜

会費

1,000〜2,000円程度(注文品による)

申込み

卒業年次の幹事さんへ電話するか直接学校へFAX

お申し込み用はこちらから


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-08-09 15:04:38 (254 ヒット)

日時

平成29年9月23日(土)秋分の日

受付

13:00〜

総会

14:00〜

場所

ホテルパールガーデン2階「讃岐の間」
〒760-0066 高松市福岡町2-2-1
TEL.087-821-8500

幹事団

平成5年卒業生代表

懇親会

  • 時間
    15:00〜16:45
  • 会費
    6,000円
  • 食事
    円卓盛り合わせ料理と飲み物

申込み 

卒業年次の幹事さんへ電話するか直接学校へFAX

お申込用紙はこちら


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-07-03 10:41:54 (228 ヒット)

本日は翌29年度総会の幕開けです。高商紫雲会には、本校紫雲会の他、ここ東京支部と大阪支部が活動をしています。本校も、東京支部の組織論や実践論に学ぶところが多く、これまでホームページなどまねてやってきています。

というのも東京支部には、榎本恵一先輩というマイカルを建て直した元役員がいて、それまで「良いが良いが」となあなあでやって来たものを、「目的を持った組織」としてやろうと訴え、今のような東京支部体制を確立して、さらにアメーバーのように拡大を遂げています。

会員相互の親睦と母校との緊密な連絡を図ると共に母校の発展に寄与するためにも、関東地区に出てくる同窓生への情報提供等で後押しや手助けをすると目的を規定して公表しています。役員会へは、40名から集まったと報じられています。

会報誌「紫雲会東京」を発行し、会費の徴収をはじめて、一昨年から本校も見習っています。どこの組織でも高齢化が進み、母校関係の組織も例外でなく、面倒な役割は回避されがちですが、それを「面白い」までに高められたら、時間をもてあます世代にはこんな別天地はありません。

この総会に、高松から一般参加の姉妹もいるとか、また役員でも女性は「明日は東京ドーム、明後日は新歌舞伎座」と声が弾んでいます。瞬間的に、乙女に帰ったようです。昨年の総会参加が158人で、今年は182人に増えています。会場の「サンミ高松銀座7丁目店」も、ここまでが限界のようです。

蛇足になりますが、「東京香川県人会第99回定期総会」は11月6日(月)18時から、東京プリンスホテルで予定されています。アトラクションは、高商卒シャンソン歌手別府葉子さん。昨年は高松高校55名、丸亀高校33名、高松商27名でした。1位参加を目指して、みなさん行きましょう。

 


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-06-14 14:49:54 (117 ヒット)

紫雲会サイトのご登録はもう済みでしょうか

紫雲会サイトでは現在500名弱の皆様にご登録頂いておりますが、卒業生の数から申しますとまだごく僅かな登録者数となっております。

また現在の登録状況を県別、年代別に集計させて頂きましたのでご案内させていただきます。

※クリックすると拡大されます。


      


ご登録がお済でない方は、是非ご登録をお願い致します!  >>>こちらから


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-01-10 18:18:10 (478 ヒット)

新年明けましておめでとうございます。ホームページ委員会も頑張ります。まず正月6日に、ひろば平安閣で開催された高商野球部後援会の新年会からスタートします。



香川県立高松商業高等学校には、多くの後援会がありますがまず全体を俯瞰している「紫雲会」。これは卒業生全員が対象の、後援会であります。加えて野球部はその歴史も古く、伝統もあり、この高商野球部後援会と高商倶楽部があります。後者は野球部OBで構成されています。



毎年正月2日に総会を開いている高商倶楽部で、山口富士雄先輩が新会長に就任されたとか。山口富士雄先輩は、昭和35年の第32回選抜甲子園大会でサヨナラホームランを打って、高商優勝の立役者になったチームの主将でした。



2年生左腕の松下利夫(明大→四国電力)を擁して勝ち進み、決勝で米子東と対戦。宮本洋二郎投手(巨人→広島→南海)から、史上初となる決勝戦サヨナラ本塁打を放ち2x-1で優勝する(この大会唯一の本塁打でもあった)プロ野球阪急で内野手として活躍し、捕手の岡村さんと名コンビを組んだと聞いています。



巨人の土井正三さんが、1969年の日本シリーズでホームへ突入したシーンがあり、主審がセーフを宣して、岡村捕手が激高し退場になったことがあります。私もなぜかそのシーンは覚えていますが、その時岡村捕手に送球したのが山口富士雄選手だったと今日聞きました。



傍目にはブロックが完全に成功したように見えたが、球審の岡田功はセーフの判定を下した。この判定を信じられず激昂した岡村は同球審に暴力を振るい、日本シリーズ史上初の退場処分を受けた。



試合後、川上監督は土井に「ベースを踏んだのか」と聞くと、土井は「踏んだ」と無表情に答えたという。その翌10月31日に岡村のブロックを掻い潜って股の間からホームベースを踏む土井の足を写した写真が、各新聞の第一面に掲載された。



このことから、土井の走塁技術と審判の的確さが賞賛された。同走塁はメディアにおいて「奇跡の走塁」と評され、土井は「忍者」と称された。山口富士雄選手は、名場面を作る名人です。



さて新年会ですが、「新春ミニ講演会」が2つ。四国新聞で高商の応援文をたびたび掲載さて下さっている木原光司氏と、JR四国野球部監督佐野晃の「高商談義」がありました。やはり若宮誠一元高商野球部監督の話が出てきます。古豪復活への道のりが続きます。











(1) 2 3 4 ... 8 »
サイト内検索
紫雲会これからの予定
PR

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

紫雲会