ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

高商の概要
ユーザー登録

関連リンク

高松商業高等学校

高松商業高等学校紫雲会東京支部

高商クラブ

高商校歌

校歌をダウンロードされたい方は、バナーを右クリック「対象をファイルに保存」でダウンロードできます。

リンク用バナー

高松商業高等学校紫雲会

当サイトへリンクしてくださる方はお使いください

お問い合わせ

紫雲会事務局
info@siunkai.org



ボランティア募集

ご希望の方は上記メールアドレスよりお問い合わせください。


投稿者 : admin 投稿日時: 2016-09-20 14:11:41 (192 ヒット)

高松栗林ライオンズクラブは今年の第5回から、秋の高校生大茶会に主催者として参画させて頂きました。これまでの主催は、香川県と栗林公園にぎわいづくり委員会です。共催が徳永孝明ライオンの料亭二蝶、後援が香川県県教育委員会となっています。

高松栗林ライオンズクラブとしては初めての取り組みで、窓口となった幹事松野は心配で、初日の9月17日(土)県立三木高校がお手前担当の日暮亭へ出かけてみました。3日間で6高と聞いていながら、本日は三木高校だけでした。受付時間の最後が14時半と見て、慌てました。

18日(日)は掬月亭で高松工芸高校が、日暮亭は大手前高松高校が、そして商工奨励館北館では高松商が務めます。19日(月・祝)の最終日は、日暮亭で高松桜井高校が、商工奨励館北館で高松一高が担当します。

われら高松栗林ライオンズクラブはこれまで、春に「日暮茶会」と称して主に栗林公園掬月亭で450名程度のお茶人を集めて、楽しんで頂いておりました。丁度クラブ創設から53年で、4月に第50回日暮茶会を終えたところであります。掬月亭の大広間に対して、日暮亭はこぢんまりとしていて風情があります。

ライオンズ暦は、アメリカ式で7月〜翌年6月までが1年間です。今年つまり2016(平成28)年は、30年間続いた高松冬のまつりも、34年間継続した小児糖尿病せとっ子の会への支援も、そして50回継続してきた日暮亭茶会も終焉を迎えています。50年を経過したクラブの、折り返しが始まっています。

当然次のアクティビティーをやるのですが、その一つがこの高校生茶会であります。わが高松栗林ライオンズクラブの部是に、「青少年の健全育成」に寄与するというのが昭和37年設立当時からあります。このあたりのいきさつは次の例会の「チャーターメンバを称える会」において、チャーターメンバーL大住省司から聞けると思います。

これまで高松栗林ライオンズクラブがおこなったアクティビティーは、クラブ結成5周年の松田茂会長に始まった奨学親和会から、20周年の久米川久夫会長の小児糖尿病せとっ子の会、25周年加藤直太会長の高松冬のまつりと、31代太田質会長の少年農場等々、その背骨には青少年の健全育成がありました。

高校生茶会も、栗林公園に近い高松周辺の高校茶道部が参加しています。勿論この活動も、青少年の健全育成の一環と考えています。高松栗林ライオンズクラブが加わることで、茶会参加者が増え、さらに参加高校まで増えることを願っています。
指導教師iに聞くと、茶道部の発表の機会がほとんどないのだそうです。

54年前に唱えられた、「青少年の健全育成」というスローガン。今世の中で一番必要な目標ではないでしょうか。先輩諸氏の熱い思いを今のメンバーが引継ぎ、そして次の世代へ渡していくことが今在籍するライオンズメンバーわれわれの責務と喜びだと幹事松野は思います。

 


投稿者 : admin 投稿日時: 2016-09-02 16:33:06 (359 ヒット)

11日に開幕する秋季四国地区高校野球県大会の組み合わせ抽選会が1日、高松市であり40校の対戦相手が決まりました。

決勝と3位決定戦は10月2日です。そして、上位3校が10月22日から愛媛県で行われる四国大会に出場する事になります。

組み合わせ表は「バーチャル高校野球」の下記サイトよりご確認ください。


http://www.asahi.com/koshien/articles/photo/AS20160901005180.html


 


投稿者 : admin 投稿日時: 2016-07-26 12:03:44 (620 ヒット)

なんて言うことだ、メールでも「おまえが勝つと言ったではないか」と非難囂々。私もここで尽誠に負けるとは、夢にも思っていなかった。明らかに、慢心の私でした。予選のこれまでをコールドゲームで勝ち上がり、心配した投手も大熊達也君を当て、これまでの4試合で2〜3点の失点で、エース浦大揮君の穴を埋めた。
 
ところが今日の大熊達也君は、2回尽誠4番松井君にホームランを打たれて、その後ほぼ毎回の5失点。毎回被1点だから、特別打たれたという印象はない。まあ失点5点だから、高松商の打撃力だとその差4点はひっくり返すことが出来ないことではない。そんな余裕と焦りが、最後の9回表の攻撃にも現れる。
 
実に淡泊な攻撃に終わった9回。5番美濃晃成君が簡単に遊ゴロ、6番植田理久都君はレフトフライ、代打吉田啓湖君は二ゴロに終わった。信じられない淡泊な最終回になった。これでは勝てない。あの神宮大会で見せた、逆転の高松商の逞しさの片鱗も見えない。これが同じチームなのか。
 
今日は、実にもったいない試合を落としたと思う。20年ぶりの夏の甲子園。これまでの高松商と、違うチームに成長したはずだった。ここ一番決勝戦で負ける高松商がこれまでの定番で、今年は違うと信じていたわがチーム力。しかしプロセスはともかくとして、結果はこれまでの夏の大会と同じで、今一歩での敗退。
 
何も変わっていない夏の高松商、本来夏に強い高松商だが、なすすべもなく長尾マジックも効果がなかった。実に惜しい悔しい一戦でありました。言い訳のように7回から浦大揮君が登板しましたが、長尾健司監督の頭の中には、このチームは浦大揮君を中心とした、米麦圭造主将らのチームだったと言いたかったのか。
 
勝負ごとですから、勝ち負けがすべてです。すんだことの批判はもうこのくらいにして、長尾健司監督つぎは頼みます、春夏連続甲子園出場出来るチームを明日から創ってください。OBも資金面で協力します。ただし口は一切出しません。思う通りやってください。
 
ところで県営レグザム球場ですが、このままでは宝の持ち腐れです。言われている以上にアクセスが悪すぎる。アクセス道路が2本だけで、これではどうにもならない。今日の私は昨日の失敗から、2時間前に球場入りしていました。それでも、たったの約4,800名の観衆です。
 
本来の駐車場でないところにどうにか駐車して、レグザム球場へ急ぎますが、入場チケット売場は、長蛇の列です。これは工夫によって改善が出来ると思いますが、今日は並んで買い求めました。
 
何度も繰り返しますが最悪なことに、昨日は1時間前に球場近くまで来て、試合終了まで中には入れませんでした。駐車場が不足しています。それが今日のことには、高松商の応援団やブラスバンド、チェアガールが来ていません。試合開始の15分前です。
 
この2日間は、香川県高校野球は局地的ですが、ここレグザム球場付近で燃え上がって大渋滞しています。問題のアクセスですが、私は一番効果的な改善方法は鉄道を付けることだと思いますが、これは四国新幹線より可能性が低い。
 
では海路はどうか。高松港から、香西の県営球場まで船で運ぶのです。どこに船着き場を作るか確定していませんが、海岸線沿いに作るとしたら、球場まで直線距離で200m余。時間にして、徒歩僅か3分です。高松方面からの観客は、船に乗ってもらうのです。これが徹底できれば、車は半分以下になります。
 
徹底策は、明らかに渡船料金を安くすることです。またかき氷かジュースを無料にするとか、アドバンテージを付ければ浸透すると思います。船も高速艇でなくてもいい。フェリーで良い。航行時間は僅かです。
 
道路の拡幅にも限界があり、鉄道も駄目とすれば、香川県には海路という奥の手があります。これを上手く使い、選手応援団のバスには陸路パトカーを付けても良いじゃないですか。そして一般応援団は、海路会場を目指します。
 
香川県は、このようにフレキシブに使える船を作るべきです。2隻は欲しいところですが、まずは1隻でも確保する。これは瀬戸内国際芸術祭2019でも使えるし、災害時にも役立つ船です。陸路が駄目なら、海路です。香川県はそんな有利な立地にある日本一狭い県ですから。
 

 


投稿者 : admin 投稿日時: 2016-07-25 09:45:31 (456 ヒット)

高松商の何という強さ人気、私は球場入りできず

 

24日(日)第98回全国高校野球選手権香川大会の準決勝、高松商対大手前高松の試合が10時から組まれていた。私も混雑を予想し、早めに球場を目指したが、試合結果を球場の外で知った。なんとこんなこともあるのですね。次の第2試合は、試合開始が1時間半も遅れた。これも前代未聞の話。

 

高松商騒動が始まっています。私は正直なところ、今日の「大手前高松」が事実上の決勝戦と考えていました。このことは23日千葉へ集まった46年卒のみんなにも伝えました。この中に、夏の大会1年生ながらマウンドに立った増田裕一さんがいます。彼の話は、面白いですね。微に入り細に入り。

 

とにかく今日の大手前高松に勝たなくては、次がありません。私は球場入りを諦めて、NHKラジオを聞きながら、スコアーを付け始めました。やはりグランドで現場を見てないもので、書き漏らしもありますが、何もしないよりましかな。試合は7回コールドゲームで、9−1高松商が勝ちました。

 

高松商はこれで4試合連続コールド勝ちですが、本当に大丈夫かいな。果たして9回まで戦えるのか。いや延長戦になったら、戦えるのか心配です。具体的には、1番安西翼君の打率2割弱の不調が一番気になる。逆に言えば、一番が出塁しなくても、初回に得点をしている高松商の底力。

 

そして疲労骨折している3番米麦圭造君は、8割越の打率を誇り、守備も良い。キャプテンとしての責任を、エネルギーに変えている。2番に入った弟、米麦波留君の存在も大きいのか。明日は12時半から、いよいよ尽誠との決勝対決。高松商有利とみるが、何が起こるか分からないのが高校野球です。

 

ところで本日の試合を振り返りますが、1回四球で2番米麦波留君が出塁。兄3番米麦圭造君のレフト前ヒット。続く植田響介君も四球。美濃晃成君が待っていましたと走者一掃のライトへの3塁打。続く6番植田理久都君も、三遊間ヒットで美濃晃成君をホームへ迎えてこの回4点。

 

NHK解説では、低めの球を見極めているとのお褒めの言葉。2回は荒内俊輔君がライト前ヒットで出塁するも、大手前投手門内君の牽制球でタッチアウト。安西翼君がショートゴロで3アウト。この2回と3回4回は無得点だが、3回までに5安打2四球。3回3番米麦圭造君は盗塁に成功するが、次の走塁でアウト。

 

4回にも竹内啓人君の送りバント2死というミスもありましたが、ミスを気にしない校風が効いている。観音寺中央の監督は、初回の送りバントについて選手を激しく叱責していたが、選手を怒っても結果は変わらない。次へ向かって行く姿勢が必要だ。高松商は、ドンマイが徹底している。

 

5回は2番1年生米麦波留君が、センター前ヒットでなんと2塁まで行った。ここにも失敗を叱責しない方針が貫かれている。3番米麦圭造君は意表を突いた巧妙なバントヒット。4番植田響介君のライト犠牲フライで、まず1点追加。

 

美濃晃成君は続く四球でランナーをためて、6番植田理久都君が大会16号ホームラン。2年生ながらこの日、4打数4安打の4打点。彼も打率5割に届く大活躍。植田兄弟、米麦兄弟、もしかしたら暫く高松商の時代が続くのか。7回も6番植田理久都君の2塁打に、竹内啓人君のライト前ヒットで加点。

 

今日は私も球場に1時間前に着きながら入れず、ラジオで勝利を聞いてそのままUタウンして帰りました。せっかくだから次の試合を見ようかと思いましたが、このところよく遊んでいるので帰って仕事です。結果ですが、次の第2試合は予定開始時間から、1時間半遅れました。選手用のバスも、遅れました。

 
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
高松商 4 0 0 0 4 0 1     9
大手前高松 0 0 0 0 0 1 0     1

 


投稿者 : admin 投稿日時: 2016-07-22 18:23:51 (371 ヒット)

第98回全国高校野球選手権香川大会第12日は22日、高松市生島町のレグザムスタジアムで準々決勝の残り2試合を行い、高松商と観音寺中央が勝ち、4強が出そろった。第13日は休養日を挟んで24日、同スタジアムで大手前高松―高松商、観音寺中央―尽誠の準決勝2試合が行われる。

高松商OBとしては、依然として投手に不安が残る。この3試合すべてに、エース浦大揮君ではなくて、大熊達也君が投げている。中学校では投手をしていたとは言いながら、新チームになった4月からの投手。燃え尽き症候群の浦大揮君の復活を心待ちにしながら、長尾健司監督は大熊達也君にかけている。

一方今日も打撃は順調で、大会新の1試合5本の満塁打。特に植田響介君は、1試合3本のアーチをかけた。1回は死球で出塁した3番米麦圭造君を1塁において右中間スタンドに運んだ。このホームランを長尾健司監督は、上からたたいた打球と絶賛した。

2回は内角の厳しいコースの球を、うまく腕をたたんで左翼に入れた。そして3回は遊ゴロに終わったが、5回も右中間に1回と同じような位置に運んだ。完璧なバッティングと言える。不振が続くと私は見ている安西翼君も3回に、3番米麦圭造君も3回にホームランを打った。

また3番米麦圭造君の弟、1年生米麦波留君が3塁手で登場した。さらに2番手投手は、上原君、左の長身本格派であるが、球が軽いのか相手丸亀の打者に良いアタリを打たれていた。長尾健司監督の秘策であろうが、残念ながら試合で使えるところまではいっていない。美濃晃成君のリリーフは、流石安定していた。

ここまで高松商は、3試合をすべてコールドゲームで勝ち進んでいる。果たして9回まで体力が持つか心配するところです。24日の大手前高松戦が事実上の決勝戦のように思います。決勝は英明と私は考えていました。その英明が8-10で観音寺中央に惜敗。先が見えない香川県予選であります。

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
高松商 2 7 4 1 2         16
丸 亀 0 0 0 0 0         0

 


投稿者 : admin 投稿日時: 2016-07-20 10:18:57 (328 ヒット)

 結果は高松商8−1香川西ですが、高松商ナインは夏を迎えて一段と逞しくなっています。高松商12−0高松北の1回戦は、上々の出足でしたが、内心心配していました。初戦は横浜にいて試合をスタンドで見ることが出来ませんでしたが、本日久しぶりに選手を見ました。

 
心配されていた先発は初戦に続き、大熊達也君が登板し、立ち上がりは四球死球などで苦戦しましたが、香川西の攻撃を隅1に押さえて、無安打の1点の失点だけ。尻上がりに好投し、7つの三振を奪う活躍でした。次は丸亀だと思いますが、互角の戦いが出来そうです。
 
そして6回から、待望の浦大揮君がマウンドへ上がり2回を押さえました。浦大揮君の背番号はあくまでも「1」です。長尾健司監督は、ピッチャーは突然変異すると不調の続く浦君に期待を寄せています。今日は点差の開いた試合の終盤からでしたが、私の目には「行ける」と確信しました。
 
試合結果の点数は上記の通りですが、安打数は高松商10本で、香川西は浦大揮君からの1安打です。内3番米麦圭造君の、6回先頭打者本塁打や1回右中間3塁打など、米麦圭造君は3安打と当たっていました。エラーは、米麦圭造君のエラー気味の守備もありましたが、エラー0で切り抜けました。
 
香川予選も、中程が過ぎて後半戦へと火花を散らします。高松商が歩む甲子園への道に立ち向かうのは、準優勝戦の大手前高松。そして優勝戦は、英明か苦手の小豆島です。
 
2試合を経験して、高松商も落ち着いて試合を作ることが出来ています。課題は投手が打たれた場合の、せった試合でどう戦うかです。このチームで、県大会優勝経験がありません。無難に立ち上がっただけに、一つ一つ大事に勝ち進んでもらいたい。
 
 


投稿者 : admin 投稿日時: 2016-07-11 13:51:19 (265 ヒット)

 第98回全国高等学校野球選手権香川大会ですが、雨天の為日程に変更が生じております。


高松商業一回戦の組み合わせは高松北高校と、5日目の10:00分からレグザムスタジアムで行われます。


最新の組み合わせ表はコチラのページで公開されています。


投稿者 : admin 投稿日時: 2016-07-04 10:46:56 (268 ヒット)

 7月9日(土)〜24日(日)に開催される第98回全国高等学校野球選手権香川大会の組み合わせが決定いたしました。

高松商業一回戦の組み合わせは高松北高校と、3日目の12:30分からレグザムスタジアムで行われます。

組み合わせ表はコチラのページで公開されています。


投稿者 : admin 投稿日時: 2016-05-21 12:07:06 (444 ヒット)

今年の第88回選抜高校野球大会で準優勝した高松商野球部の健闘を称えようと、卒業生で西陣織の研究に取り組む尾田美和子さん(43)=高松市屋島西町=が19日、高松商ナインの勇姿を西陣織で描いた「織画」を高松商へ寄贈した。



織画はセンバツ決勝の激闘を終え、準優勝旗を先頭にメダルを首に掛けた選手たちが甲子園を一周する姿を表現している。糸の色を通常の2倍の12色にしたほか、糸の本数も増やし、より繊細な仕上がりになっている。



織画の大きさは、横が73僉⊇弔51僂如京都市の職人に制作を依頼した。一人でモテないことはない大きさだが、四国新聞の20日の記事写真では、中筋政人校長先生と尾田美和子さんの2人が持っている構図になっている。



私も19日に偶然校長室でこれを拝見しましたが、少し離れてみると、カラー写真のように見えました。画材は、恐らく四国新聞社から提供されたものでしょう。その写真を実に精緻に、織画にしています。



これを見ながら、次ぎに優勝した際のグランド一周は、大塚美術館の陶板にしてはどうか。世紀を超えて、後世へ伝えられる作品になる。

 



投稿者 : admin 投稿日時: 2016-04-11 13:40:52 (752 ヒット)

春季四国地区高校野球大会出場決定戦が9日、香川県高松市生島町のレクザムスタジアムで開催されて、序盤から終始リードを奪った小豆島が7-3で高松商を下し、地元開催の四国大会(5月3〜5日・レクザムスタジアムほか)の出場権を獲得しました。

またも高松商は、小豆島に敗れてしまいました。島の応援は「18」のアイデアだけでなく、熱いものがあります。良いじゃないですか、同じ県人が球場内で熱くなっています。

春の四国大会は各県2代表の8校で争われるのですが、県代表2枠のうち、1枠は春の県大会で初優勝した大手前高松がすでに獲得。今日新たな切符をつかんだ小豆島と大手前高松は16日、同スタジアムで四国大会の、出場順位決定戦を行います。

戦前の予想では、試合は、選抜大会準優勝の高松商打線と小豆島のエース左腕長谷川投手の対決が見どころと言われていました。公式戦の対戦は、ここ1年間で今回が3度目になります。これで小豆島の2勝1敗となりました。と言うより高松商はここ2試合連敗です。

長谷川投手が好投した小豆島が延長十二回の末、2―1で競り負けた秋の香川県大会での敗退のあとを、いまだに引っ張っているようです。守り勝つ野球を掲げる小豆島は、長谷川投手の110キロの球に、守備の間を合わせているようでした。

失礼ながら、内外角を巧に責める長谷川投手ですが、素人目には打てない球ではないよう見えました。ある意味前回の1-2で県大会優勝を逃したときの大振りを、思い出させる高松商の打線でした。いろいろな意味で、長尾健司監督は次なるチーム作りに取り組んでいる。

午前10時試合開始、先攻の高松商は4回を終わって6番植田理久都君の「左安」の1安打だけ。一方小豆島は、1回横投げ右腕の多田宗太郎君の四球と死球とで2点を先取。あきらめなければ負けるとは思わないが、嫌な雰囲気の試合運び。小豆島は、多田宗太郎君の投球に見事につなぎ1回1安打、2回3安打3回2安打、そして圧巻の6回は4安打で完全に高松商の横投げ右腕の多田宗太郎君と速球派の美濃晃成君を打ち崩した。

特に高松商にとって、リリーフエース(彼しかいない)美濃晃成君が打たれたのはショック。長尾健司監督は浦大揮君一枚では夏の大会は勝ち残れないと考えている。しかし今日の多田宗太郎君の投球では甲子園のみならず、レグザムスタジアムですら通じない。

明治神宮野球大会の準決勝で、見事な投球を見ただけに、残念としか言うことがない。そして6回を投げて8安打3点と打ち込まれた美濃晃成君もさらに心配だ。

3回からロングリリーフして、三振は小豆島の長谷川投手の9回2奪三振に比べて、6回3奪三振とここ一番は力を見せつけたが、鋭い打球を特に「右安」されていたのが印象的だった。

小豆島もいろいろ変えてきていたようだが、高松商も1塁植田理久都君を途中6回からだったかキャッチャーに起用したり、不動の4番キャッチャー植田響介君をベンチに引っ込めたり、果敢に選手起用をしてきた。

言い訳ではないが、今日の試合は小豆島に完敗。しかしこれで、長尾健司監督の次のチーム作りが出来る。四国大会へ進んでも、夏の大会へのアドバンテージはない。むしろここから新チームづくりへの時間が出来たと考えて、じっくりやってもらいたい。    

高校野球は、センターラインの強化が重要と言われるが、高松商の投手2人とキャッチャー、センターは安西翼君で問題ないと思うが、1年生に逸材がいないと夏の甲子園は勝てないように思う。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 13 »
サイト内検索
紫雲会これからの予定
予定なし
PR

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

banner

紫雲会