秋の香川県高校野球組み合わせ抽選会

投稿日時 2019-09-03 15:10:16 | カテゴリ: 部活動・課外活動

秋季四国地区高校野球県大会の組み合わせ抽選会が2日、レグザムBP丸亀であり、出場36校(石田と笠田、坂出工と飯山は部員不足で連合チーム)の対戦カードが決まった。高松商は、初戦の2回戦で、丸亀城西と戦う。その高松商が属するCゾーンは、大手前高松が、次に戦うDゾーンには、高松北と四学香川西が待ち構えている。

 
抽選会には各校の主将、部長らが出席。先月既に発表されていたように、夏の県大会8強のシード校が、各ゾーンの所定の位置をクジで決めた後、残る28校の主将が予備抽選順にクジを引いた。絶対的エース不在の高松商・谷口聖弥主将は、「気を引き締めて初戦に臨む」と抱負を語っている。
 
四国新聞の評論を見ると、Aゾーンは、夏の大会準優勝の「英明」、Bゾーンは「尽誠」など私学勢が有利。準決勝では、この両チームが戦う。Cゾーンの高松商は、総合力が高く評価されている。しかし大手前高松が、打倒高松商に燃えている。Dゾーンは、三本松を中心に伯仲している。シード校の高松北・四学香川西も、新しい力を伸ばしている。
 
英明は、エースで4番だった黒河選手が抜けたが、夏の経験者が多く残り、チームとしての地力は高い。同時に監督交代がどう影響するか、香川純平英明新監督、その他交代新監督の手腕にも興味が集まる。
 

 





「紫雲会」高松商業(高商)同窓会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.siunkai.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.siunkai.org/modules/school/index.php?page=article&storyid=183